歯列矯正と口臭

歯列矯正と口臭

歯列矯正を開始した人の中には、以前よりも降雨集がきつくなったような気がする方がいるかもしれません。
確かに、歯列矯正中は口臭が悪化することが多く、その原因も指摘されています。
今回は歯列矯正中の口臭原因とその対策について詳しく見ていきましょう。

 

矯正中は口内に器具を装着することになりますが、これを着けているせいで口を閉じるのが煩わしくなり、
口内が乾燥してしまう人が増える傾向にあります。
口の中が乾燥すると口内の細菌が活動を活発化させて、嫌な臭いを放ってしまうのです。
これを防止するには日頃から口を閉じることを意識しつつ、鼻で呼吸をするようにしてください。
口から息を取り込むことは、口内を乾燥させる要因となるからです。

 

また、唾液の分泌を促すために定期的に舌を動かしたり、
お水を摂取して外部から潤いを与えたりするというのも口内の乾燥を防ぐ手段といえます。
ブラケットのような矯正器具を着けていると、普段よりも歯磨きをしにくいと感じることでしょう。
磨きにくさはそのまま磨き残しに繋がり、口内で虫歯や歯周病の原因菌が猛威を振るうこともあるのです。
その結果として口臭が発生することもあるので、矯正中は特に気を付けて歯を磨かなくてはいけません。

 

歯科医院では矯正治療中の歯の磨き方も指導してくれるので、その際に教えてもらったテクニックをしっかりと実践しましょう。
洗浄液や歯間ブラシ、電動歯ブラシといったアイテムを駆使して、磨きの腰が無いように努めるのも効果的といえます。
矯正器具が口内の粘膜、そして舌などが擦れ合うことで傷ができてしまうことがあります。
そこから口内炎が発生したり、化膿を起こしたりするとこれもまた口臭の原因になるので、
むやみに矯正器具を舌や頬裏の粘膜で触らないようにしましょう。

 

 

関連ページ

矯正治療の費用内訳について
矯正治療の費用内訳について
インプラント矯正について
インプラント矯正について
インビザライン矯正のメリット
インビザライン矯正のメリット
セラミック矯正のメリットと歯科医院の探し方
セラミック矯正のメリットと歯科医院の探し方
裏側矯正とは
裏側矯正とは
成人におすすめの歯列矯正
成人におすすめの歯列矯正
子供の歯列矯正
子供の歯列矯正