子供の歯列矯正

子供の歯列矯正

歯列矯正をするうえで適した年齢があるとすれば、それは顎が成長しきっていない子供のときです。
もちろん成人してからでも歯列矯正は出来ますが、子供に比べて矯正治療を終えるまでの期間が長くなってしまいます。
子供は顎の骨が柔らかく、歯も生え揃っていないおかげで矯正治療による歯列の誘導が比較的簡単なのです。
今回は、そんな子供の歯列矯正について詳しく見ていきましょう。

 

子供の歯列矯正をお考えならここからどうぞ

 

子供が歯列矯正をする際には、大きく2つのタイミングで治療の方法が変わってきます。
小学生に上がる前後から低学年までの間は、永久歯が綺麗に生え揃うための準備をする期間です。
乳歯が抜け落ちた後に生えてきた永久歯が、曲がったり歪んだりしないように注意しながら、
歯科医師による指導を受けて綺麗な歯並びを目指します。

 

もう1つのタイミングは歯がある程度生え揃った小学生の高学年から開始されます。
先に紹介した低学年までの治療を受けている場合、
それを引き継いで永久歯全体のバランスを見ながら歯列が歪んでいないかをチェックし、
噛み合わせの指導を含めた歯並びの維持に関する治療を受けることになるのです。
こうした矯正治療は、子供の場合でも自由診療になってしまうことを覚えておきましょう。

 

しかし、大人になってから矯正するよりも短期間で済むため、成人の歯列矯正より安い価格で治療を受けられます。
また、顎が変形し、咀嚼するのが困難で治療が不可欠といったケースでは保険が適用されることも覚えておきましょう。
大人になってからの矯正治療では、抜歯などの施術を伴うこともあります。
子供の場合には歯が動きやすく、その分永久歯を残したまま矯正出来る可能性も高いといえるのです。

関連ページ

矯正治療の費用内訳について
矯正治療の費用内訳について
インプラント矯正について
インプラント矯正について
インビザライン矯正のメリット
インビザライン矯正のメリット
セラミック矯正のメリットと歯科医院の探し方
セラミック矯正のメリットと歯科医院の探し方
裏側矯正とは
裏側矯正とは
成人におすすめの歯列矯正
成人におすすめの歯列矯正
歯列矯正と口臭
歯列矯正と口臭