裏側矯正とは

裏側矯正とは

目立ちにくい歯科矯正法の一つに裏側(舌側)矯正という方法があります。
一般的に金属のワイヤーを取り付ける矯正法は、歯の表面になるためその金属が目立ってしまうのです。
その点歯の裏側に取り付ける矯正法なら、笑ったり口を開けたりしたときでも金属が目立ちにくいのです。

 

大人になってから歯並びを気にして矯正治療を受ける場合、
矯正治療をしていることが周りにばれるのが嫌だ、
職業柄金属のワイヤーを取り付けることに抵抗があるという方も少なくありません。
そこで目立ちにくい歯科矯正法がいくつか開発されるようになりましたが、
歯の裏側に取り付ける裏側矯正も目立ちにくい矯正法の一つになります。
口を開けた時でも歯の裏側が見えることはありませんので人前で口を開けることをためらうこともありません。
また金属をとりつけることで矯正効果が現れますので、
きれいな歯並びをすぐに手に入れることができるのです。
他にもさまざまな矯正方法がありますが、矯正効果をいち早く実感できると言う点では、
裏側矯正はかなりメリットが大きいと言えます。
また矯正中も虫歯トラブルになりにくいというメリットが得られます。
歯の表側に金属をつけると、金属との隙間に食べかすがたまりやすくなり、
上手く歯磨きができないことがあります。
実は歯の表面と裏とでは歯の資質に違いがあり、裏側の方がエナメル質が固く、虫歯になりにくいのです。
そのため裏側に矯正器具をつけたほうが虫歯リスクがあがりにくいのです。
裏側矯正は歯科医師の技術によって効果の表れ方が変わりますので、

熟練された技術を持つ歯科医師の治療を受けた方がいいでしょう。

 

本厚木歯科クリニック