歯並び悪化の原因とは

歯並び悪化の原因とは

歯並びが悪くて矯正歯科に通わなくてはいけないという人もいれば、
歯に関するトラブルを一切知らないまま大人になる人も存在します。
同じ人間でも歯のお悩みに違いが生まれるのはどうしてなのでしょうか。
今回は歯並びが悪化する原因について詳しく見ていきましょう。

 

最初に注目していただきたいのは遺伝的要素です。
顔の形をはじめとした外見的要素は遺伝の影響を大きく受けることは皆さんもご存知だと思います。
自分の姿が両親に似ているのはまさり遺伝の証拠であり、
その過程で顎の形も両親や祖父母から譲り受けてしまうことがあるのです。
親御さんやその親族に歯並びの問題があるという人は、
遺伝の影響で歯並びが悪くなりやすい傾向を持っているといえます。

 

板橋区役所前ゆい矯正歯科http://yui-oc.com/

 

もう一つの要因は生活環境です。
歯並びが正常な遺伝的要素を持っていたとしても、
子供の頃の生活環境によって歯並びが悪化することもしばしばです。
例えば、ストレスを強く受ける環境にいたせいで指しゃぶりが癖になっているという人は、
大人になってから上下どちらかの顎が前に出てしまうという不正咬合に陥るかもしれません。

 

口呼吸や舌を口内で動かす、頬杖といった癖を持っている人も
少しずつ顎形や歯並びに影響を与えているので注意が必要です。
こうした生活環境要因は、大人になってからよりも子供時代の方が影響を及ぼされやすいのです。
その理由としては、子供の歯は顎を含めて成長途上にあることが挙げられます。
お子さん自身では気を付けることが難しいこともあるので、
親御さんが注意を払ってあげることが歯並びを悪化させない対策といえるのです。
歯科医院では上記のような理由から歯並びが悪化した人の歯列を矯正する治療を行っています。

関連ページ

通院のしやすさも重要ポイント
通院のしやすさも重要ポイント
院内の清潔感、医師の信頼性で決める
院内の清潔感、医師の信頼性で決める
歯科矯正を受けるメリットについて
歯科矯正を受けるメリットについて
より高度な治療を求めて
より高度な治療を求めて